叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
連日、厳しい相場が続いている。毎日のポジション取りを考えるうえでNYダウの動向には自然と影響をうける。ほぼ間違いなく指数的に連動するからだ。わかりやすいといえばそれまでだが。

株をはじめたころ、日経平均はNYダウの×10という算式がほぼ当てはまっていた。日経平均で史上最高値をつけた1989年38916円のときはダウが調整期で2800ドル前後とその算式もズレたが、×10という数字が地相場だった。

その後NYダウは約20年で4倍化し、日経平均は4分の1となった。10年くらい見てきた投資家ならダウと日経平均が数字上同じ程度の感覚ではないだろうか。ダウ10000ドルに対し日経平均10000円と。ダウが日経に対して10倍化したのか日経がダウに対して10分の1化したのか、屁理屈の世界であるがふと考えてしまう。

そのなんら経済的に根拠の無い比較感がここにきて乖離しはじめている。日経平均がダウの値持ちに比較して明らかに弱い点だ。

当然勉強されている賢明なトレ−ダ−なら、「ドル換算で比較してもか」とおしかりをうけるだろう。だがそれが相場の体感温度と理解している。(dfb)
人気ブログランキングへ
↑さすがにヤレヤレ感がでてくる頃ではないか?