1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


↓↓↓ぜひ兜町放浪記のエックスにお立ち寄りください!
https://twitter.com/kabutocho_ho
直近の外国為替市場ではドル円が156円後半でじりじり円安方向を継続している。当局による為替介入の効果が薄れはじめ、円高への緊張感無く悠然としているのは米国利下げが早期にはないと市場参加者が見切っているからだ。

週末土曜日の日本経済新聞朝刊に【4894】クリオプスがIPS細胞技術由来の心筋シートの承認申請を行うと大々的に報じている。クリオプス株はこれまでも同材料の思惑で4/9には高値4075円をつけるなど安値更新をつづけるグロース市場の中にあって無類の強さを誇ってきた。

それでも直近のグロース250が年初来安値更新となるなど全般のグロース市場離れの影響を受けはじめ5/15には555円安とチャート上に大陰線を引くなど下値模索に入っていた。

決してサプライズな内容ではなくこれまで投資家が材料待ちにしびれを切らして下げてきた。ここは素直に材料を好感する展開になりそうだ。
(9166)GENDA・・・・3000円〜3200円のボックス相場を上に抜けてきた。6月1日付け分割権利取りの買いで株価は上昇していきそうだ。
(6622)ダイヘン・・・・地味ながら半導体関連株として見直し買い人気で買われてきたが程よい押し目が入っている。8000円どころは好機。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。