1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


↓↓↓ぜひ兜町放浪記のエックスにお立ち寄りください!
https://twitter.com/kabutocho_ho
昨日の東京市場は日経平均が44.65円安と小幅反落となった。NY市場が休場で方向感のない展開は仕方ないがザラバでは個別株で賑わうものが散見された。グロース市場でクオリプスが2日連続ストップ高になるなど、かつては「個人投資家の主戦場」と言われたグロース市場が小高い。

米国市場ではNYダウが216.73ドル安と反落しているものの、ナスダックが17000ドルに乗せ史上最高値更新である。最も金利上昇を嫌う小型成長株で構成されるナスダックが高いのはヤレヤレ金利高止まりにも将来の金融緩和が見通せるからだろう。

エヌビディアに1000ドル乗せからの加速装置発動中だ。株を始めた頃は株価850円、920円でも目もくれず同じ銘柄が1000円に乗せたら買ってた。株価が4桁に乗せると3桁の株の100円より簡単に100円上がることを体感で知っていたからだ。

当時は株価1000円以上になると1010円、1020円と呼び値が10円刻み売買されていた。現在のように1円刻みで売り買いがぶつかるのは値動きを鈍重にして益無き改悪だった。この取引制度に変更された時大いに憤慨したものだった。株価が上値を駆け上がるスピード感がまるで違う。これも外圧だったと聞く。まったく舐められたものだ。
(3329)東和フードサービス・・・・外食産業の業績回復が続く。同社の椿屋カフェはどこに行っても満員だ。
(1514)住石ホール・・・・石炭市況は底堅い。今期の会社予想は前期の大幅増益で見劣りするが海外炭鉱の配当次第では増額修正もあるだろう。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。