1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


昨日の東京市場は見送り閑散症状ながら前日引け値を挟んだ往来相場となり結局日経平均は続落となった。今週に入って、北朝鮮にミサイル発射の兆候が見られるとの情報が流れていたことも影響していたようだ。

その情報は正しかった。本日、日本時間午前3時18分に北朝鮮はミサイル発射実験を行った。トランプのアジア歴訪期間を避け、それなりに気を回した反応なのかもしれない。

東京市場は、「これで数ヶ月は地政学リスクの空白期間に入る」「NYダウが新値を取っている」と買い方有利を期待した展開となるだろう。

ここ最近の東京市場は、ミサイル発射後にこそ株が高い。これは「平和ボケ」ではなく、リスクをしっかり手の内に入れている投資家が増えているからであろう。北朝鮮を前に狼狽売りほどバカバカしい行動はない。
(6254)野村マイクロ・・・・半導体関連の出遅れ。
(6088)シグマクシス・・・・AIコンサルを指向。東証1部に市場変更してから出来高は10倍ペ−スになってきた。
(3995)SKIYAKI・・・・7000円付近で短期調整。そろそろ切返し。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。