1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


昨日の東京市場は、日経平均が反落となり197.73円安となった。新興市場を含め全市場の指数がマイナスとなる珍しい日になった。

7月も中盤となり3月末に権利取りした銘柄の配当金がほぼ入金されている。ちょっとしたお小遣いの皮算用が楽しい季節である。

私は株式売買の成績は事細かに管理しているが、その中に計上しない儲けに配当金と株主優待で得る様々なものがある。ようするに株式配当は「簿外勘定」のお小遣いだ。

配当金額は3万〜5万円程度になる。短期売買が主で配当権利日をまたぐことが少なくなった。どちらかと言えば配当金を得る銘柄は古くからのシコリ玉が多い。売っても損失を計上させるばかりで、それなら売らずに放置を決め込んだ銘柄だ。今年は10万円もあることだし、梅雨が明けたら鰻をいただこう。
(3923)ラクス・・・・昨日発表の好内容の業績見通しを好感する相場がはじまりそうだ。
(4397)チームスピリット・・・・勤怠労務管理はテレワ−クの継続で企業規模の大小を問わず必須のアイテムとなる。最高益上乗せと好調。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。