↓↓現在ランキング9位です。ランクUPの応援クリックをお願いします!!。


今日の東京市場は昨日の日経平均が22000円割れとなりNYダウが続落なら投資マインドの悪化は避けられない大事な1日となるめぐり合わせだった。そのNYダウが580.25ドル高で折り返してきたことはツキが残っているのだろう。

東京の新型コロナウイルス新規感染者数が50数名/日で高止まりしている。緊急事態宣言解除以降で最多記録を更新中だから、株で言えば戻り高値更新は先行き強気(増加)シグナルではないか、と心配になってきた。

小池都知事は「PCR検査を積極的に行っているから感染者数が増えている。」と説明するが、現象は説明できても、手の打ちどころがないということにも聞こえてくる。

昨日の東京市場の500円を超す下げは、これまでの上昇に対する警戒感なのか、第2波の先取りなのか。投資家は気温の上昇とともにいったんは沈静化するだろうと考えられてきた新規感染者数がどうやら強含みそうだ、と警戒しはじめている。ここは売りが入りやすい地合いだ。
(3666)テクノスジャパン・・・・出来高増加で買い方に回転が効いてきた。株価の絶対値がお手頃。
(3962)チェンジ・・・・テレワ−ク絡みのデ−タ分析に取り組むなどアフタ−コロナで活躍しそうな会社。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。