1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


日本時間の早朝に取引を終えたNY株式市場のダウが369.04ドル高としっかりしている。新型コロナのワクチン開発進展期待と経済活動再開を見込んだ投資行動が活発なのだろう。日経平均も負けてはいないが国内のム−ドは自粛継続モードがこのまま続きそうだ。

夏の甲子園大会の開催中止が決定された。だれもがこの結末は予想できただろう。猛暑の中での清涼剤が今年はない。ただただ暑い日々の時間がたつのを待つ8月はつらい。

労働者の移動が正常化して企業の生産活動が再開されても、売上がコロナ前と変らない業種は限られるだろう。コロナ対策が付加価値として商品改良されていて当たり前といった消費者はこれまでと同じ商品を手にする保証はない。

慎重な国民性が災いして外食回数を減らしたり、不要不急の判断のハードルを下ろさないことも考えられる。年内の株式市場は企業業績には目をそらし過剰流動性だのみの展開となる。それもまた良しではある。
(6925)ウシオ電機・・・・コロナウイルス対策として紫外線ランプに期待する向きが流入している。
(4480)メドレ−・・・・オンライン診療の先行企業として株価上昇が続く。LINE参入で競争激化と見るか、市場拡大と見るか今日の動きに注目だ。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。