1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


週明けの東京市場は明日の建国記念の日による休場を控え、売り買いを手控える流れの1日となりそうだ。今週は新型肺炎の国内感染拡大をどこまで食い止められるのかが投資マインドの強弱となり株式市場に影響を与えてきそうだ。

新型肺炎にまつわる当局の一連の対応への不満が騒がしい。なにかと法規制によって様々な面で制約をうけることがこの社会には存在することに気づかされる。「法規制があるからそれはできない」と杓子定規では目の前で苦しんでいる人には諦めてもらうしかない説明にはならないだろう。

クレ−マ−と変らない連中が殺気立つ現場で対応する関係省庁の役人は人の命と法のどちらを優先するのかを問われることもあるだろう。どっちが「助けてください」と言っているのかわからないが、どのような職責であれ、公務員ともなればこの命題は必ず答えを用意しておくべきだ。

役人に対する国民のイメ−ジは、試験勉強で仕事を勝ち取った人たちが思っているようなものではない。尊敬の対象どころか「要領の悪い、事なかれ主義の連中」と見られているのが現実だ。まさに公務員の受難の時代である。
(3778)さくらインタ−ネット・・・・650円前後の株価では低位株物色の先兵となる資格十分。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。