↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。


今日の東京市場は、先週末金曜日が3連休入り前の用心売りで大きく下げた(418.11円安)反動から寄付きから買戻しの動きが強まりそうだ。円相場が米中交渉の決着を前提にドル持ち直しを想定して円安に振れていることも好感されるだろう。

日本株の現在値である日経平均20333.17円はいかにも低反発マ−ケットと言える。主要企業の第三四半期決算の発表がピ−クを迎えているが業績は「好調」よりもむしろ「まだら模様」へと下方修正を感じさせる。

全体指標である日経平均の急落が個別株物色の対象にまで影響を与えることには用心がいるが、個別撃破の対象となるサンバイオのような人気株が出てきたことで個人投資家のセンチメントは前向きになってきた。

今週はマザ−ズ銘柄の反発と不祥事が持ち上がる企業の株に視線が向かう。企業ブランドを毀損するようなSNS投稿が相次いでいるサ−ビス業の会社の株価が売られるような風潮が定着すれば、いずれ株主も損害賠償請求に立ち上がる時代が来るかもしれない。
(3267)フィルカンパニ−・・・・窓埋め完了で反転をうかがうポイント。
(6069)トレンダ−ズ・・・・1000円回復から1000円割れの925円は忙しい。買いやすい水準だ。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。