↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援クリックをお願いします!!。


直近の日経平均、NYダウがともに堅調となっている。株高ほど人心に好影響を与えるものはない。日銀が借金のもととなるお金を刷る必要もなく、富が世の中に行き渡るのだから政治家はこの状態を作り出すことこそ使命のはずである。

昨日、ノ−ベル賞で日本人研究者の受賞が決まっている。今日は同関連株物色が動き出し、その後の秋の学会シ−ズンを先取りする動きとなれば、物色の選択肢が増える好循環が完成する。

このところの相場好転で個人投資家の投資マインドも大きく改善している。信用取引の高値掴み玉がほぐれ、投資余力が大きくなると、ついつい、気持ちも大きくなる。チャ−トをふり返ることより、株価の勢いに引きずられやすくなるのもこんな時だ。

全体相場が強いときこそ日中足チャ−トを叩き崩すような突発的な利食い売りが出やすい。嫌らしい売りだが、相場にはいろんな筋の投資家がひしめいている。用心を怠ってはいけない場面だ。
(7036)イーエムネット・・・・押し目の深さを測るとき。落ちるナイフは刺さってから拾う。
(3496)アズ−ム・・・・軽量株ならではの買い気配での上伸も寄ったらおしまい。ここもどこまで穴を掘るか。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。