↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。


日本時間の本日未明に取引を終えたNY株式市場で、ダウが一時300ドルを超える下げ幅まで売られ緊張が走ったが、大引けにかけて持ち直し結局137.51ドル安まで戻して取引を終えている。

チャ−ト的には節目の25000ドルにタッチしてそこから長い下ヒゲを引いたことで嫌らしい下げ方だがなんとか踏みとどまった印象だ。

今から約28年前に買った株に株式公開買い付けが実施されその手続きの書類が届いている。買値は記録によると1750円。その後1000株あたり100株になったのか見に憶えも無い大幅減資やなんやらあって、もう株価を見る気すらおこらず、どうなったかも忘れていた株だ。

その名は高見澤電機製作所。現在の富士通コンポ−ネントだ。万年無配のボロ会社だった。買ったのが1990年5月。よくもこんな株手元に置いていたもんだと感心する。

こんな投資法もあったのだ。保有していること、損していることすら忘れたい。公開買い付けに応じるには、みずほ証券に新規に口座を開く必要があるという。その手続きのモチベ−ションが起こらない。どうしたら良いだろうか。
(5301)東海カ−ボン・・・業績上方修正をきっかけに投資家の思惑が外れ一気に需給悪で深押し。さすがにここまでくると短期リバウンド狙いが有効。
(7806)MTG・・・業績の進捗は申し分なし。下げの反動高に備えたい。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。