デイトレードランキング
株式投資をはじめて間もない頃、「半値8掛け2割引」という相場の言い回しを街の投資顧問が無料で流すテレホンサ−ビスで知った。

高値が1000円で暴落した銘柄と仮定すると320円がその金額となる。率にすれば68%の下落となる。仕手材料株が高値を打って崩落する様を監視しつつ、リバウンド狙いの底値買いの機会を窺うときにきまってその掟を唱えていた。

その掟にピシャリとはまる銘柄が出現している。当欄でも何回か取り上げてきた(4380)Mマ−トである。今年最初のIPO銘柄で2/27につけた高値6970円から直近安値2214円まで半値8掛け2割引がほぼ達成された。

高値からの信用期日明けがここ数週間で通過することもタイミング的に大底買いの下限域だろう。新興銘柄の品薄株で株数は集めにくいが買いゾ−ンの超小型株として注目している。
(4380)Mマ−ト・・・・すでに売り枯れとなり下値不安は無い。出来高は微妙に増加。年末に向け修正高に期待。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。