↓↓ランキングUPにつながる応援クリックをお願いします!!。毎日更新の励みです・・・


休み明けの東京市場は日経平均が264.04円高となり22000円回復と堅調な展開の1日だった。九州から中国地方にかけて大水害に見舞われているが刻々と被害状況が明かになっても復興需要を囃すようなム−ドになっていない。

それも天災が数十年に一度あるかないかの頻度ではなく、年中行事化しているからだろうか。今回の豪雨災害は交通網・住宅・自動車など公共財物から個人資産まで原状回復するとなれば相当な金額になるだろう。

株式市場といえば、どこか後ろめたい気持ちがありながらも、災害があればこっそり復興特需をあてにするところがあるのが商売柄であった。市場参加者が成熟化したのか、あるいはモラルを備えたのかは分からない。

被災者と救援活動にあたる方々にとっては猛暑が惨い仕打ちになってる。救援物資を届けてもそれを配布する人員がいないという。いつしか募金行動が「カネで済まそうとしている」と蔑まされる風潮が高まってきたと感じる。金銭援助だって立派な行動だ。きょうは郵便局で換金する配当金をそのまま募金しよう。
(5381)MIPOX・・・・年初から半値まで売り叩かれた。信用調整もそろそろ終わる。
(7806)MTG・・・・ひょっとするとメルカリ以上の知名度と話題性をもつ裏銘柄かもしれない。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。