1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


先週末のNY株式市場は99.74ドル高と落ち着いた動きになり、下押しから反発していた東京市場にも好影響をもたらしそうな外部環境となっている。

何度か報じている「中国、ガソリン車廃止」のニュ−スは株式市場にとっては格好の物色材料を提供してくれるネタのはずである。

国内でもエコカ−人気は衰えていないが、その人気車種に昨年末あたりから主役交代の動きが出てきていた。それまでダントツの人気ブランドだったトヨタ・プリウスシリ−ズから日産・ノ−トシリ−ズが首位に躍り出る異変が起こっている。

めぼしいヒットをもたない万年業界2番手が指定席だった日産にとって、新技術「e-POWER」を搭載した日産 ノートがバカ売れしだしたのは「技術の日産」復活を宣言したいところだろう。

乗り味・反応の良さといった、数値化比較できる燃費や走行性能では表すことのできないフィ−リングのツボを押えたようだ。なんとも試乗してみたい車らしい。
(7726)黒田精工・・・・底値をどのあたりにもってくるか、観察したい銘柄。
(5986)モリテック・・・・電気自動車向け充電スタンドを手がける。株価は行って来いの振り出しに。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。