1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


東証マザ−ズに鳴り物入り企業「メルカリ」の上場日を控える週末である。上場規模は今年最大規模となるが発行株数が多いため早い時間に寄り付けばセカンダリ−の期待が高まるかもしれない。

国内外の政治経済問題がひと息ついてきた。それぞれの問題が解決にはならなくても、何度も相場を叩いてきたことで免疫ができているものが多い。

円相場は経済にとっても、個人投資家にとっても心地よい110円台だ。この水準を前後している限り、輸出企業の採算を気にすることもなく、日経平均は23000円を窺う水準を保つだろう。

直近の株式市場ではメルカリ人気を買い材料とした「リユース関連」に食指が動く期待がかかる。まずはメルカリ上場で心配された、その他の新興株の需給悪化懸念も峠をこして来週に期待がかかるところだ。
(4380)Mマ−ト・・・昨日の決算発表の取捨は今日1日を観察してのこと。ここまでのチャ−ト調整ぶりが良い。
(9270)SOU・・・メルカリ上場で注目される「リユ−ス関連株」だが、メルカリより収益面では圧倒的にこちらに軍配が上がる。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。