1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


今週の東京市場は不安定なNYダウに振り回される二次被害相場となりそうだ。東京市場はNYダウ離れができないことをコンセンサスにしており当事国よりも株価が売り叩かれる哀れな存在だ。

中国にしてみれば米国との報復合戦でより大国としての存在感を世界に知らしめることができるだけで大儲け(大勝利)だろう。この件でひと言を発すればNYダウが急降下・急上昇するならば金融市場はすでに中国政府の影響下にあるようなものだ。

日米貿易摩擦のときは、日本国内は大騒動だったが米国内ではそのニュ−スすら知らない問題であったらしい。日本にとっては経済問題、米国にとっては政治問題であったからだ。

米ソ冷戦時代を懐かしく思う世代はすでに定年後の悠々自適な世代だろう。あのころの国際情勢から伝わる緊張感と、現在の米中の小競り合いはヘビ−級とバンタム級の違いくらい大きな差を感じるのだが。
(5986)モリテック・・・・仕手人気一巡もそろそろ底打ち感。
(3845)アイフリ−クモバイル・・・・出来高をコンスタントこなす。プラス引けが増えてきた。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。