↓↓ランキングUPにつながる応援クリックをお願いします!!。毎日更新の励みです・・・


先週末のNY株式市場は4日続落となりダウ平均が70.92ドル安と下げ相場が持ち越されている。好調すぎる経済を織り込めばこその金利先高感が結果的に株価を押し下げる皮肉な展開になっている。

もう一段の市場の混乱を招いたのが、自由貿易の旗手アメリカによる鉄鋼・アルミに対する報復関税である。安全保障を持ち出せば、正規の経済行為の結果であってもアメリカの産業界に不都合なものには外国製品を排除できる暴論を大統領が推進する考えられない状況だ。

かつて日米貿易摩擦を経験している日本は、結果的に為替調整で経済を焼け野原にされた。アメリカはふだんは盟友としては頼もしいが、利己的で勝者で有り続けようとするための手段を選ばない。

目下の日本株はNYダウと原油安を見ている。日経平均の下値は米国株次第ということだ。急反発を期待したいが、そのサイズはあくまでもNYダウの反発力に頼るのが毎度のことである。
(6758)ソニ−・・・・当面は5000円どころが押し目になる可能性が高いだろう。
(4594)ブライトパスバイオ・・・・1月高値に挑戦するイメ−ジが継続。バイオ株をディフェンシブ銘柄に格上げ気運。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。