↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。


今週の東京市場はNYダウが史上最高値を過熱感なく塗り替える動きを好感し、日経平均25000円に向けた上昇トレンドを継続するだろう。「押し目待ちに押し目なし」の展開だ。

本日の成人の日を通過すれば休日前の手控えム−ドから解放され、地政学リスクの沈静化の後押しされ、株高にも弾みがつく頃合いだ。市場参加者の高値警戒感、買い疲れといった臆病かぜに期待したい出遅れ組に待望の押し目が来るとは考えにくい。

ここから節分までの数週間は主力大型株の指数連動高が確実な投資先かもしれない。だたしキビキビとした売り買いそのものから快感を得たいタイプの投資家にとってはハイリスク・ロ−リタ−ンでも高値圏にある中小型材料株をいじることになるのか。

先週末の【3433】ト−カロや、【5301】東海カ−ボンのようにレ−ティング変更や上方修正があったところには見直し買いが集中する。素材加工業などで、普段は地味な動きの銘柄でも好実態の会社さがしが有効になりつつある。
(6324)ハ−モニック・・・省人化投資に欠かせないロボット部材に注力。揉み合いを放れそう。
(6433)ヒ−ハイスト精工・・・昨年開けた大きな窓を閉めに行く。株価600円はお手ごろ価格。
(4579)ラクオリア創薬・・・創薬ベンチャ−が中国・韓国で開発を先行させるモデルが認知されはじめた。収益化に時間がかかることへの割り切りがいい意味で作用する展開。マネ−ゲ−ム株として存在感。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。