1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


昨日の大発会当日の東京市場は、日経平均が741.39円と大幅高となり23506.33円と大きく飛躍するスタ−トとなった。

全面高の中にあって、これまで先駆してきた新興市場銘柄がお役御免の小幅安に沈むものが目立ち、個人投資家に主力株の上昇がどこまで恩恵があったかはわからない。しかし何はともあれひと安心の大発会であった。

日経平均が史上最高値を付けた1989年当時のNYダウが2700ドル台で現在の約10分の1。その間、NYダウが10倍となったのに日経平均はいまだ30年間高値を抜けないで約6割弱の戻しとなっているがどこまで妥当値なのか。

NYダウの影さえ踏めなかった30年間の修正となれば、日経平均25000円、30000円、35000円といったところで可愛らしいものだ。仮想通貨の上昇チャ−トを引っぱってくる必要もなく、「年内上値目標30000円」程度の小言で狼少年扱いされる風潮はけしからん限りと思うが。
(9266)一家ダイニング・・・・株価10000円に乗せてからも青天井を突き進む。折れるまで伸びる勢いだ。
(6325)タカキタ・・・・大雪関連株。1000円割れは好押し目だろう。
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。