↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援クリックをお願いします!!。


昨日の株式市場は、珍しく一般ニュ−スでも取り上げられることになった。日経平均が445.34円安に沈むと「今年最大の下げ幅」という格好のフレ−ズを頂くことで投資家も戸惑ったことだろう。

わずか400円程度の下げで今年最大だったのか、と感想を持つ投資家が大半ではないだろうか。それだけ今年1年は右肩上がりの上昇相場だったのだ。

政府は2020年1月実施で所得税の1000億円規模の増税方針を固めた。先の選挙からわずか2ヶ月でのスピ−ド決着だ。そういえば突然の解散の口実は「消費税の使い道の変更」だったはずだ。

2年後の消費税10%後の使い道変更を解散総選挙の大義名分にしておきながら、実は2ヵ月後の所得税増税方針は一切語らない。まさにこれが政治そのものだ。税は政治とはよく言ったものだ。

どうもだまし討ちに遭ったような反発心がメラメラとこみ上げて来る。自分が増税の年収ゾ−ンにかかる、かからないの問題ではない。「いいようにやられた」ままで良いはずがない。
(3769)GMO−PG・・・・そろそろ目先の底値圏に到達だろう。
(2362)夢真ホ−ルディングス・・・・人手不足が深刻化。人材派遣業の単価上昇への追い風が強まる。押し目に妙味。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。