1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


今日の東京市場は、日本時間今朝取り引きを終えたNYダウが331.67ドル高と大幅高を演じていることと、円安に押し戻されていることから週末ながら買い方優位の展開が期待できる。

NYダウの3日連続の新高値更新がトランプ大統領の進める税制改革法案の年内成立を先取りする動きとするならば、行儀の悪さで批判の多い大統領ではあるが、実際には就任以来株式市場はぐんぐん上げ足を伸ばしており評価は修正されるときがくるかもしれない。

12月を師走という訳を知ったのは、12月になると毎年のように校長先生が全校集会でそれを語るからである。この時期の外気の冷たさと、校庭に全校生徒が整列して校長先生の話を聞く一連の空気感が懐かしい。

日本株は地政学リスクと上手く付き合いながら、上値指向を強める地合いに入った。「強気」という言葉を口にして恥ずかしくない頃合いか。老兵達は目線を変える時なのかもしれない。
(5121)藤倉ゴム工業・・・・1株益55円で1000円前後はまだまだ出遅れ。
(7448)ジ−ンズメイト・・・昨日、年初来高値を更新。RIZAP傘下で再建が進み変身企業へ。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。a>