↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援クリックをお願いします!!。


今日の日経平均は先週末につけた3日続落の引け味を継続して弱含みの展開となるだろう。歴史的連騰記録のあとであり当然の一服といえるが、強気で通す時ではないだろう。

日経平均に遅れを取るまいと主力株が軒並み上昇してきたが、ソニ−が長らく続いた業績低迷から抜け出す構えを見せると一気に人気化してきている。

今から約20年前、ソニ−が株価10000円をつけた時代があった。そのときに証券会社が力を入れていた金融商品に高利回りをうたったEB債を1口100万つきあったことがある。

購入して一定期間が設定価格を株価が下回らなければ利率が8%ちかく保証される商品だったが、ITバブル崩壊とともに株価は4分の1となってしまい塩漬けもいいところとなり、結局株式で(100株)償還されたあとはほったらかしてきた。

そんなソニ−の100株が半値まで戻ってきた。この先、ひょっとしたら、ひょっとするかもしれない。ブル−チップの復活を夢見るための入場券と思って握り締めていきたい。
(5121)藤倉ゴム・・・・通期上方修正で割安感台頭。
(6166)中村超硬・・・・株価は今回の修正を見越して上げて来た。決算発表をうけて下押すか。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。