1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


年末を控え、株の売買も通年の損益計算を意識する頃合いになってきた。個人的には今年はじめてやってみた「ふるさと納税」の駆け込み寄付も考え始めている。

ふるさと納税のしくみは他にまかせるとして、今年の夏ごろから10000円程度の寄付を5自治体に行った。手はじめに返礼品は「焼酎セット」「お米」「ビ−ルセット」「ソ−セ−ジ詰め合わせ」にしてみた。

「どうせ来年の住民税で収める税金額の前払い」と思って寄付控除のうち2000円は実質負担増になるが、あとの部分は納税を済ませたことになる。2000円では上記の商品はとても買えないから気分的にも、家計的にもメリット大だ。

そんなふるさと納税に異変が起きたのが、総務省の通達でふるさと納税の返礼品のなかば自主規制を求めた以降、一部自治体で返礼品の点数を削減しはじめたことだ。例えば40000円の寄付で日本酒12本→6本に減らされたケ−スもある。

その流れに釘を刺したのが、新入閣した野田聖子総務大臣だった。彼女の鶴の一声「自治体に任せるのが当然」で事態は一変し、総務省のおかしな介入がうやむやになってきた。「これが政治」と思わせる出来事である。
(6240)ヤマシンフィルタ・・・・上方修正+株式分割を発表。ここまで買われてきたがもう一段の上値追いか。
(3845)アイフリ−クモバイル・・・・UUUM社と協業実績もあり。値幅調整・時間調整とも十分でこの水準は面白い。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。