1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


先週の東京市場は5連騰で締めくくる堅調さが目立っていた。NY株が史上最高値を連日更新するものの、北朝鮮リスクに敏感な東京市場が周回遅れをようやく修正しようとしている。

地政学リスクなるものが無かったとしても、NYダウと日経平均の現在値はこんなものかもしれない。3連休中に、不測の事態や緊張が高まる挑発行為を期待する資金が活発に動いていた。

これもリスクに便乗した投資行動で財を成す、ある種の「死の商人」の腰巾着なのかもしれない。しかし投資家としては批判する野暮どころかその先見の明というか直観力に脱帽する以外ない。

6日の取引で【6203】豊和工業が300円ストップ高となっていた。防衛関連株の中でも株価の動きが鈍重なイメ−ジの強い豊和工業がストップ高をつけるきっかけが5日付で判明したブラックロックによる大量保有(6.61%)だ。

天井知らずになっている【6208】石川製作所にも登場するブラックロックだが、石川製作所の株価がかつての大仕手戦で暴騰した本州製紙や福助、京成電鉄を彷彿とさせる上げっぷりから「新手の仕手筋」風のイメ−ジが出来上がるかもしない。

今後、ブラックロックが顔を出す銘柄が飛び跳ねるケ−スが増えそうな状況である。
(5121)藤倉ゴム工業・・・・じりじりと上値を切り上げてきた。900円台の練りを終え1000円で活躍を期待。
(6837)京写・・・・出遅れ電子部品銘柄。世界首位のシェア企業が500円そこそこの株価なのが不思議。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。