1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


今日の東京市場は、毎月の通過儀礼といえる米雇用統計発表を控え、短期的な為替変動リスクを横目で見ながら、円安傾向継続を期待する売り惜しみで相場は高値水準を維持しそうだ。

NY株が連日史上最高値を更新する頑強さの一方で、日経平均も静かにアベノミクス以降の高値に接近してきた。隣国の無謀な挑発にもやれやれ感が出てきたのか。

今朝の円相場は112円台後半となっており、円安の戻りをテストする動きだ。米雇用統計で米国経済の堅調さが確認できれば、金利上昇からドル高・円安の年末になる、と考える投資家が増えてくる。

解散総選挙の選挙戦と北朝鮮問題は視界から遠ざけ、目先の優先順位は「円高を忘れることができるか」に尽きるということだ。
(6182)ロゼッタ・・・・昨日下方修正発表。翻訳事業の先行きを不安にさせる内容のIRで株価は波乱となりそうだ。
(3053)ペッパ−フ−ド・・・・「いきなり!ステ−キ」事業が絶好調。鳥貴族の値上げ発表から、外食銘柄の勢力図がカオスになってきた。ここは勝ち組のひとつ。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。