↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援クリックをお願いします!!。


今週の東京市場は、北朝鮮によるミサイル実験をうけたスタ−トとなるが、それを除いたとしても弱含みの揉み合い相場が継続するだろう。東証2部、新興市場の中小型株が先週辺りから反落傾向が強まっていることが買い気を削ぐ。

この時期は各地で週末に祭りや花火大会が行われることだろう。祭りの翌日に漂う空気感には季節を感じさせる何かがある。なぜか盛夏の月曜日は物静かな感じがするものだ。

毎年、近所の公園を使って行われる町内会の祭りも年々規模が縮小されている。地元の商店街がさびれ、盆踊りの参加者は失礼ながら高齢者ばかり。

ひょっとしたらこれが日本の縮図なのだと思うと納得する。AIにしろ、IoTにしろ、そうした最先端の仕事にたずさわる人々がどこで何をしているのか見当たらないのが寂しい。
(6804)ホシデン・・・・再度1300円どころで跳ね返されるか、突き抜けるか3日の決算発表で決まる。
(8137)サンワテクノス・・・・業績好調な電子部品商社。この手の業態の株は見直し買いのタ−ゲットになっている。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。