↓↓現在ランキング12位です。ランクUPの応援クリックをお願いします!!。


昨日の東京市場は方向感のない中で小幅高となった。NYダウやナスダックが史上最高値越えを繰り返す米国に比べ、やる気のなさばかりが目立つ東京市場である。

なぜか外国の国内経済事情を最優先で心配する余裕があるのが私達の株式市場なのである。自国の雇用統計や、GDPの推移などは一喜一憂するまでもなくほとんど無視である。

いまや、失業問題やデフレを心配することもなくインフレに悩まされることもない。世界でこんな国は日本だけである。医療費が40兆円を超えたというニュ−スが、ありがたい話なのか迷惑な話なのか、どこか他人事でいられるのも国民性だけではない懐の深さあっての所業ではないか。

現在の景気が良いのか悪いのか、と問われれば間違いなく景気は良いのである。仕事があっても人が集らない中小企業や時給を上げてもアルバイトが集らないサ−ビス業では機会損失に泣いているのが現実である。

「世界幸福度ランキング」なるものが国連と米コロンビア大学の関連機関から毎年公表されるが、なんとわが国は世界で51番目らしい。オリンピック招致や、世界遺産登録に血眼になりながら、手に入れたいものは外交力なり、金なりでいくらでも調達できる国が51位である。

「幸福度」なんていう言葉はこの国にいると、そのレベルがよそにくらべ格段に高いところに設定されているに違いない。なかなか株が高くならない理由がそこにあるのかもしれない。
(4674)クレスコ・・・・IoT関連株として取り上げられる銘柄。
(6553)ソウルドアウト・・・・昨日は買い一服。次のウネリで高値を取ってくれば大きくなろう。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。