1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


今日の東京市場はNY株式市場で連日の史上最高値更新や落ち着いた円相場といった良好な外部環境を織り込んでしっかりの展開であろう。

昨日の市場では日頃地味なポストの代表格?でもある化学株の古参兵(4028)石原産業が気を吐いていた。東証一部銘柄では値上がり率4位となっている。

石原産業株といえば、万年株価は100円台の低位株で忘れた頃に突飛高するクセの悪い株イメ−ジが強い。その石原産業が昨日急上昇し年初来高値更新で4桁を取ってきた。すぐに「あぁ、どうせ株式併合でこんな値段になったのだろう」と直感した。

最近、株式併合実施企業が増えている。どの株も社歴が古く、もともと低位株で株価の推移もパッとしない銘柄が多い。しかし発行済み株式数が減少するから1株あたりの利益は見栄えがよくなる。石原産業株もEPS100円越えの立派な会社に見えてくる。

株式併合実施により株価は併合割合に応じて2分の1なら2倍といった調整がされるから株主に不利はない。以前の株価イメ−ジがぬける頃から併合効果がジワジワ効いて来るようだ。
(3932)アカツキ・・・・今期最高益更新。ゲ−ム関連の中では数字を伴う数少ない銘柄。
(6479)ミネベアミツミ・・・・自動車・スマホ・ゲ−ムと有望ビジネスに常に顔を出す。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。