1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


今日の東京市場はNY株式市場の高騰をうけて強含む展開となるだろう。NYダウは297.84ドル高と申し分の無い上げっぷりとなっている。

世界の投資家は何を見ているのか。目先は「トランプ相場がどこまで行くのか」ではないか。NYダウの20000ドル突破まであと約500ドルとなり、手が届く水準まで駆け上がってきている。

昨日のビックニュ−スはソフトバンクグル−プ社長である孫正義氏がトランプ氏との会談に成功し、今後米国で5.7兆円の新興企業投資を行ない、5万人の雇用を生み出すと表明したことである。

世界の政界・財界を問わず、会いたくても会えない人物となったトランプ氏との会談を実現した彼の行動力に脱帽である。今後、孫氏が投資対象にする企業には金も人も好条件かつ優秀な話が持ち込まれる好循環となる。

この時点で彼は他社よりも商談に対する優位性は増す。より好条件の案件を「トランプ・孫ファンド」の資金が入ることで話題性も十分となり、投資先はメディアにも取り上げられる機会が増え、なにより社会的認知度が無料で手に入る。

世の中で成功する人とはこのような行動を実践できる人なのだろうと推察する。そこには「失敗するかもしれない」といった凡人の思いつく心配など無意味なことと切り捨てて前進する勇気と熱意しか見えない。

昨日はこのニュ−スでソフトバンク株が大幅高となっている。NYダウの騰勢と比べ物足りない日本株だが、ソフトバンク株がトランプ政権への期待相場の指標株になるなら東京市場も活気づくに違いない。
(6707)サンケン電気・・・・・メリルリンチが目標株価を720円に。年末相場は外資のレ−ティングでざわつくのも風物詩だ。
(5103)昭和ホ−ルディングス・・・・・株価は高値追いの情勢。じっくり取り組みたい。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。