1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


昨日の東京市場は日経平均が2日続落となった。主力株を中心に見送られ、下げ幅は小さかったものの開店休業中といった雰囲気がありありであった。

東証1部値上がり率1位に(8732)マネ−パ−トナ−ズGが躍り出ていた。FX専業大手の同社が「フィンテック関連」、「仮想通貨関連」として人気が集中し、株価は短期4倍化に到達しようとするまでの急騰中である。

商品先物会社やFX取引会社、金融関係の情報配信会社までもが話題のテ−マに関連するといった連想買いの対象になるのはどこか無理があるように思うのだが、調整色の強い市場の中にも値幅取りに飢えた資金・個人投資家が健在であることは心強いものだ。

政府がビットコインなど仮想通貨に対する初めての法規制案を閣議決定するなど、それを取り扱うだろう企業や、そのシステム構築、保守管理、特にセキュリティに関しては関連企業の物色が継続しそうである。そうした銘柄の宝探しが楽しみな環境である。
(6088)シグマクシス・・・・・人工知能(AI)を利用してITシステムの運用管理業務を効率化する米社製ソフトの導入支援事業を強化。低位新興銘柄として面白い存在となる。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。