叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・


今日の東京市場は日経平均が16000円どころでの出没相場となる。NY株が続落、円相場が112円台へ傾く環境下では「3月相場入り」をきっかけに気分転換もはかれない。

このところ株式市場では自社株買いを発表した銘柄が高評価のうちに上昇するケ−スが目立っている。昨日は4000億円規模の自社株買い表明から(7201)日産自動車が一時12%を超える上昇となりひとり気を吐いていた。先月16日には同じくソフトバンクがストップ高まで買われ、その後の株価も順調に推移している。

自社株買い自体は決して目新しい株主還元策ではない。実施企業は数多く、日産やソフトバンクのような有力企業なら記事扱いもあるだろうが、大抵の会社は会社名と金額が紙面のスミに小さく載るだけである。それによって株価が大きく変動することは少なかった。

その自社株買いが投資家の間で「買える材料」として変貌するかもしれない。ソフトバンクや日産に対する見直し買いを現象として学習した投資家が次の自社株買い銘柄に機敏に取引を仕掛けてくる可能性は十分ある。投資家が行動したくなる仕組み、仕掛けづくりは大歓迎である。
(7201)日産自動車・・・・・昨日の寄り天、安値引けは悲観すぎる。PER10倍以下は不人気株過ぎる。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。