お立ち寄り感謝します。叱咤激励クリックをお願いします。・・・


高校生となった頃からか、音楽をあまり聞かなくなった。正確に言うとアイドルを追いかけなくなったといえるかもしれない。私の場合、なぜか自分の中でアイドルとは自分より年上でなければならない存在であった。

自分と同世代のアイドルがテレビ番組に登場するようになると、なぜか興ざめしたのであった。まして対象が自分より年下とわかるともうダメなのだ。年下の者に、愛だの恋だの、せつない片思いだのと説教されているようで嫌な気持ちになったのだ。青かったのだ。

子どもだからこそ、大人の世界を夢見ることができる。幸せだからこそ、悲しくはかない歌に身も心もゆだねることができる。不幸せだからこそ、情熱より思いやりを歌う曲に心を寄り添わせたくなる。

そんな他愛もない、ごく普通の人の心の機微をつむぐように歌を聞くことってそういうものなんだと、この齢になってようやく納得するのだった。

40年以上も前、初めて我が家に来た「ラジカセ」で録音した最初の歌手が岩崎宏美である。私がテレビの前で録音ボタンを押す。テ−プにテレビから流れる音声が録音される。周りの家族の声も当然のごとくテ−プに入る。曲名は「ロマンス」だった。

岩崎宏美の「春おぼろ」がいまでも口をつく。すぐそこに春を感じる季節になると自分がついに経験することの出来なかった光景をデジャブのように錯覚させる名曲である。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。