1日1回、ランキングバナ−のクリックにご協力ください。日々更新の励みです・・・


昨日の東京市場は日経平均が新年相場入りしてから6日連続となった。下げ幅は479円安と大きくなっている。さすがにここまで売り込まれる要素はないだろう。

昨日の上海株でプラスで終わり、NY株は続伸で引けている。今日の東京市場は行き過ぎた下落相場を反省する1日になろう。

大下げ後の市場ではジャンルを問わず、大きく売り込まれてきたものから大きく戻すという相場の摂理にしたがって反発する。今日に限っては何を買っても良い場面だろう。

ここにきて株価の推移を現政権に対する攻撃材料にしようとする野党の姿勢は見苦しい。株価が下がって勇み喜ぶようでは政権運営など任せられないと国民から馬鹿にされるだけである。

当面の日本株に関しては、原油価格に振り回される海外市場に敏感に反応する展開になるだろう。原油安は日本経済にとってはメリット以外の何ものでもないのだが、一筋縄では行かない、此の世の矛盾と戦うのも投資家の運命だ。デオトレが集る銘柄の出し入れに忙しくなりそうだ。
(6323)ロ−ツェ・・・昨日は一時ストップ高をつけたが全般の地合い悪化に抗しきれず。まさに天与の買い場となった。EPS127円に上方修正されたことが全く株価に反映されていない。追撃買い。
(3031)ラク−ン・・・遅れてきたフィンテック関連銘柄。この押しは拾える。
(6325)タカキタ・・・・・往年の仕手株が年初来高値を静かに取っていた。意味深な動きがある。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。