↓↓ランキングUPにつながる応援クリックをお願いします!!。毎日更新の励みです・・・


昨日の東京市場はNY市場の週末安を見て警戒感が積もり、終日さえない見所の無い展開に終始した。そのきっかけとなったNYダウはシ−ソ−のように「ギッタンバッコン」を繰り返し、今朝の終値はお約束どおりの196.09ドル高反発で締めくくっている。

(5381)Mipoxが大幅上方修正を昨日大引け後に発表している。最新四季報の見出しコメントが【微減益】とされている銘柄であるが、経常利益を3億円から5億1200万円(同70.7%増)に、純利益を2億3200万円から4億2500万円(同84.7%増)に引き上げ、配当も7.5円に増配する。

新興銘柄でも、これほどの大幅上方修正は稀であり、株価は302円と割安に放置されてきた。昭和真空とは言わないまでも商いのこなせる好業績株としてこの先注目したい新星が現れた。

大引け後の決算発表は個人投資家にとっては受験時の合格発表の掲示を待つようなソワソワ感がいい。投資家一人ひとりの応援する企業が成果を立派に出して、それをしっかり市場が評価してリタ−ンにつながる好循環こそ投資家冥利そのものだろう。
(5381)Mipox・・・・・かつて日本ミクロコ−ティングとして株価10000円をつけたこともある欲しくても買えない値嵩株だった。その時のことが今でも目に浮かぶ。
(3692)FFRI・・・・・「サイバ−攻撃」が日常語として定着するような時代となった。押し目買い好機。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。