↓↓現在ランキング7位です。ランクUPの応援クリックをお願いします!!。


日本時間の今朝取引を終えたNY株式市場が最高値更新となった。高値圏を維持しながら、大きな反動安に悩まされることの無い無類の強さを発揮する姿を見るにつけ、米国株をストレス無く売り買いできる投資家(米国人)がうらやましい限りだ。

解散総選挙モ−ドに突入した東京市場であるが、政党代表者や閣僚経験クラスの有力者とされる候補者の口から公約ならぬ口約束に左右される時でもある。

例えばNISA枠倍増案がそうである。株式市場活性化策としてこのようなカラ手形を乱発するが、あれはいったいどうなったのか、相場が苦しくなると聞かれるオバケ政策の代表例である。

政治家が政策を口にしたとき、「いつまでにやりますか」と確認したい。「4年後の選挙(衆議院任期の4年)までにできないことは口にするな。」と言いたい。
(8050)セイコ−・・・足取り順調。着実に上値を切り裂き始めた。高額商品が動き始めるニュ−スが追い風となる。
(3690)ロックオン・・・業績の心配の無い有望株。絶好の買い場到来。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方にクリックをお願いしております。明日の執筆の参考にいたします。