兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

外資がレ−ティングをいじり始めた

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
東京市場の反発力が海外に比べ見劣りのするのはいつものパタ−ンである。しかし昨日の反発局面ではヤレヤレの買い物がチラホラ出はじめているようだ。特に、外資系証券のレ−ティング変更が出始め、さすがに今の水準では割安感を通り越して売られすぎ状態の銘柄に触手がむかってきた。ここから戻りの鈍いものと、手が入るもの(レーティング変更)とで戻りの明暗がはっきりしてくる。

(5214)日本電気硝子はゴールドマン・サックス証券が24日付で投資判断を「中立」から「買い」に引き上げ、コンビクションリストに追加した。液晶業界の回復はまだ先とみるものの、パネルメーカーのコスト重視に伴う日系ガラスの調達比率拡大の傾向などを背景に、同社のシェア向上を予想している。目標株価は1160円(従来1100円)としている。チャ−トを確認すればわかるが、ここまで大崩れしてきた銘柄である。個別の悪材料というより売り崩された感が強い銘柄だ。もともと人気株なので注目したい。
(7201)日産自動車も同様に今後レ−ティングに注目だ。(dfb)
人気ブログランキングへ
↑忘れずにプシュっと。

泡沫候補の遠吠えに揺れた東京市場

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
民主党代表選に立候補を予定する馬淵澄夫前国土交通相は24日、東京電力福島第一原発事故の賠償を進めるための原子力損害賠償支援機構法について「私が党代表、首相になれば、すぐに見直し、東電の法的整理に踏み込む」と述べた。この一報が伝わるや東京電力株急落し、ザラバ日経平均はマイナス圏へと沈んだ。

ここからは民主党党首候補の中から、いかなる発言が飛び出すか非常に危険な期間であることを肝に銘じておかなくてはいけない。当然、常識も経済の感覚もゼロの素人泡沫候補である。発言主の馬淵などはそれでも大臣経験者だから困りものだ。要するにこの程度の見識の持ち主が総理大臣になりたいと手をあげているのである。まさに国難である。

小生も政権交代による変革を民主党には期待したひとりだった。政治に求められる究極の姿は税制改革の実行者である。国民に負担を求め実行する力である。政治とは税を決めることなのだ。それに何一つ踏み込めない政党が与党にいることの不健全さを嘆く。おそらく大連立が実現しても増税が決められないだろう。何のための翼賛体制なのか。政治の貧困がここに極まっている。(dfb)
人気ブログランキングへ
↑ 応援よろしくお願いします。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報