兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

日経平均10000円回復

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の東京市場は、日経平均にして100円超高く引け、10000円回復、震災後の戻り高値をとってきた。全般まんべんなく物色され市場のム−ドは明るくなってきたようだ。大手商社株が軒並み高となり、不動産、素材株がしっかりしていた。個別に東京電力が連日の大商いで出来高トップで小じっかり。

こうした相場展開では、いったんポジション整理すると、なかなか押し目が入らず、結局利確した水準より高い値段で再参加を余儀なくされることが多い。こまめに益を確定して積み上げていくことに集中していこう。

今日の東京電力も3〜4ティックの上下が午後のもみ合い場面でかなりあり、デイトレに最適な動きをしていた。このもみ合いはいらやしく、売り方の決断を鈍らせるには十分すぎるリズムだったように思える。

どの株も、売りも買いも入れにくい水準になってきた。押したら押したで、買い控えるわけでそんなことを言っていたら買うことはできない。東電意外にも瞬間芸ができる銘柄がでてきた。特に大手商社には継続注力だ。(dfb)

(8001)伊藤忠商事・・・・・資源株物色というより、あまりに割安放置であったことの修正高と見ていい。丸紅、住友商事、三井物産は以前より特注だ。
(4205)日本ゼオン・・・・・ジリ高一発。
(4272)日本化薬・・・・・順調に水準きり上げ中。
(6503)三菱電機・・・・・日立・東芝は鈍重すぎる。外資注力。
(6665)エルピ−ダ・・・・1000円回復は簡単。
人気ブログランキングへ
↑押してみてくださいな。

情報の対価とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
株をはじめた頃、株価を知るすべは限られていた。パソコンもケイタイも無い時代、株価を知るためには証券会社に電話をかけるかラジオ短波を聴くかであった。若いトレ−ダ−は信じ難いだろうが、かつては新聞証券欄の順番にアナウンサ−が株価を読み上げていたのである。小生にとってはつい最近までと感じる一昔前のことである。証券欄のはじめにある証券コ−ドが若い水産・建設業は前場で2週目の株価を知ることができるが、後半の終わりにある不動産・サ−ビス業などは10時半ごろ一回株価を知るだけであった。当時証券会社の店頭にあったクイックを自宅にどうやったら引けるのか本気で考えていたことがあった。いまはケイタイでピコピコでいい。個人投資家にとってなんて贅沢な時代だろう。

小生は仕事中でも、モニタ−の隅に株価ボ−トを表示させている。恵まれた環境に感謝している。ただ東京電力のザラバが常時監視できるとかえってやりずらいことが多い。さすがにリアルタイムチャ−トとかマ−ケットスピ−ドは憚られる。仕事中の画面にRSIやMACD画面大写しでは知ってるヤツは知ってるわけで、ザラバ中の株価分析は差し控えている。バブル期でさえそんな投資情報は機関投資家しか持ち得なかった。そうしたツ−ルがすべて無料で手にすることができる情報社会に身をおけたことはなんと幸福であろう。「情報は金がかからないもの」というメリットを最も享受できたのがが金融の世界といってもいい。

バブル期、いわゆる街の投資顧問に世話になったことがある。会費は年額30万だった。当時は、たいして高いとは思わなかった。スペシャル会員は会費60万とかそれ以上がめずらしくなかった。その投資レポ−トは業界紙の切り張り程度の代モノに化粧しただけものだったが、熱狂のさなかの欲求を満たすには心地よい刺激だった。当時は情報はとてつもなく高額だった。むしろ高額なものほど本物の妖しい香りがした。

無料なものは無味無臭である。無料のものは拾ったものと同等である。真剣に向き合ってそれを噛み締め、味わうことはおっくうである。だから無料サ−ビスとは最も難しいサ−ビスなのである。

私の周りに「金を払わないと手に入れられない情報」が少なくなってきているのは幸福ではなく不幸なことだと思う。(dfb)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報