兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

NYダウ389ドル安

このエントリーをはてなブックマークに追加
欧州危機がギリシャの次に、いよいよイタリアに飛び火してきたようだ。イタリア国債が利率7%を越えるまで売り込まれ、伊首相退陣表明も市場からは完全に無視されている。金融マーケットにとってはある意味、好材料も悪材料もたいして変わらず上下の値動きが欲しいだけなのでトレ−ダ−は興奮状態といっていいだろう。

日々、海外情勢に振り回され主体性のない東京市場からすれば、海外が変わらずで引けてくるより、メリハリをつけて大幅高・大幅安を繰り返してくれたほうが取り組みやすい。今日はダウ大幅安で寄付きをむかえることになるが売り一巡後の動きに注目したい。

特に、このところコマツが賑わってきたように、いわゆる中国関連株の相場つきに変化が見られる点に留意したい。週末を控え動きづらいが大きく値を消したときは小すくい狙いの打診買いを入れたい。(dfb)

(6135)牧野フライス ・・・・・・500円接近場面は天与の買い場と見る。
(7733)オリンパス ・・・・・・第2の東京電力相場となる素地十分。
(5201)旭硝子・・・・・・悪材料出尽くしは近いか。
(4406)新日本理化・・・・・・仕手材料株復活の御旗を掲げる本命株となるか。

人気ブログランキングへ
↑ぜひ一押ししてください。

オリンパスは上場維持されるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
昨日のオリンパスは300円ストップ安の734円と急落した。約一ヶ月前10/13の2526円高値から71%の下落である。20年前からの財テク失敗の穴埋めのために、不可解な企業買収を繰り返し、助言会社へ巨額の手数料を支払っていたことが報じられたことに端を発したものだった。それでも当初は外国人社長の解任騒動ばかりに目が向かい、よくある一流企業のお家騒動との見方もあった。企業業績そのものは磐石のものがあるだけに、「適切なものである」との会社見解を信じて、参戦した投資家も多かったことだろう。

すでにマ−ケットの焦点は今後のオリンパスが上場維持できるのか、或いは退場、つまり上場廃止処分となるのかになってきた。バブル崩壊以降、いわゆる「飛ばし」に代表される不明朗な損失隠しが問題になり多くの一流企業の経営者が記者会見で額ずいてきた。今回のオリンパスの処理が粉飾決算に該当するのか、しないのかの判断が注目される。

かつての山一證券、カネボウ、ライブドアなど個々の内容に違いはあるにせよ、投資家を欺いていたと判断され退場を余儀なくされてきた。現状、有価証券報告書の虚偽記載容疑での刑事事件に発展する可能性が高く、上場廃止にいたる前に株価的に退場処分価格に売り叩かれるかもしれない。

もし今回のオリンパスが救われれば、ライブドアの粉飾退場処分に比べると不公平感を感じる投資家は多いだろう。上場が維持されれば、それは「口頭注意」程度の処分に等しく、東京市場が何でも有りの無法地帯といわれても反論できない市場と評価されることだろう。(dfb)
人気ブログランキングへ
↑一押しお願いします。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報