兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

泡沫候補の遠吠えに揺れた東京市場

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
民主党代表選に立候補を予定する馬淵澄夫前国土交通相は24日、東京電力福島第一原発事故の賠償を進めるための原子力損害賠償支援機構法について「私が党代表、首相になれば、すぐに見直し、東電の法的整理に踏み込む」と述べた。この一報が伝わるや東京電力株急落し、ザラバ日経平均はマイナス圏へと沈んだ。

ここからは民主党党首候補の中から、いかなる発言が飛び出すか非常に危険な期間であることを肝に銘じておかなくてはいけない。当然、常識も経済の感覚もゼロの素人泡沫候補である。発言主の馬淵などはそれでも大臣経験者だから困りものだ。要するにこの程度の見識の持ち主が総理大臣になりたいと手をあげているのである。まさに国難である。

小生も政権交代による変革を民主党には期待したひとりだった。政治に求められる究極の姿は税制改革の実行者である。国民に負担を求め実行する力である。政治とは税を決めることなのだ。それに何一つ踏み込めない政党が与党にいることの不健全さを嘆く。おそらく大連立が実現しても増税が決められないだろう。何のための翼賛体制なのか。政治の貧困がここに極まっている。(dfb)
人気ブログランキングへ
↑ 応援よろしくお願いします。

島田紳助が芸能界引退

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
さきほど飛び込んできたニュ−ス。民主党党首選で前原出馬よりニュ−スバリュ−が上ということか。民放各局の深夜ニュ−ス番組は紳助会見一色だ。過去のメ−ルのやりとりが取りざたされているが、少し気の毒な気がする会見だった。

世の中には司法による裁定を受けること以外に、無責任で無慈悲で無節操な社会的制裁という集団リンチが存在する。今回の引退劇がこれにあたるとは言うつもりはない。違法とはいえないが、「不謹慎である、不祥事である」と活字になり得るのか、なり得ないのかということが判断基準といえる状況だ。そこに個々人の感覚の問題は存在しない。

謹慎より引退を決意したのはいかにも紳助らしい。彼の芸人としての才能の源ともいえる反発心が、今回最悪の方向へベクトルを向けてしまったようだ。

いっこうに方向感の定まらない東京市場。多くの主力株で値幅調整はいいところまできたのではないか。あとは時間調整を残すのみ。新政府誕生で少しは年末に向けた期待感が出てきてほしいものだ。(dfb)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報