兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

77円半ばにきた為替

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・


このところ76円台に張り付いていたドル/円が77円にのせてきている。それでも超円高水準に変わりないのだが、なかなか75円台に突入しなかったことを意識させる動きともいえる。

海外株式市場が大きく反発しても為替の水準訂正が伴わない限り、本格反騰には程遠いもみあいの中の小反発でおわってしまうのが東京市場の現状だ。
せっかくの復興特需期待も、時間ばかりかかり、なかなか実体経済に反映されないようだと、遠い将来、震災の影響で日本経済が沈没したなどと歴史評価されることになってしまう。

為替が円安方向に転換することだけで、東京株式市場の風景は一変する。また株高に勝る景気刺激策はない。当局はもっとしたたかに自国通貨をグロ−バル経済の中の経済戦略のツールとして利用していかなくてはならない。ドルも、人民元、ユ−ロもしっかり戦略に基づいてゆるやかに誘導されて今の水準があることに気づくべきだ。新政権の為替政策に期待したい。


↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方にクリックをお願いしております。明日の執筆の参考にいたします。

震災後の安値更新からの反発局面へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の東京市場は、海外安で朝をむかえたが為替市場で円が77円に戻してきたことを手がかりに昨日つけた震災後の新安値より急反発して取引を終えた。何度も触れてきたように9月という最も動きづらい時期に欧州・米国の財政不安に端を発した、世界的な景気の先行き懸念というなんとも消化のしずらい材料に直面した東京市場が、何の抵抗もできずに震災後の安値に沈んだのはいつものコ−スを歩んだにすぎないのかもしれない。

さすがに値頃感も台頭してきてはいたが、震源が国内の材料ではないことに様子見気分を振り払って買いにいける向きは少なかったかもしれない。現在NYが急反発してはじまってきていることから、明日は為替を引き続き注視しながら買い戻しの展開となるだろう。

ここでの銘柄は大きく下げてきた輸出関連株がリバンド力があるだろう。政府が円高対策を口にするようになってきたことは、新首相が財務大臣経験者であることが有意にはたらいていると言っていい。介入も含めて為替に無策であったこれまでの政権とは一線を画す姿勢をマ−ケットに示すことは重要である。(dfb)

(4205)日本ゼオン・・・・・・ゴ−ルドマンが強気設定。目標値980円にはまだ相当の値幅がある。取り組み良好で踏み上げ期待も。
(5214)電気硝子・・・・・値頃感たっぷりの700円台。ボラがあるのでデイトレ向き。ディスプレイ云々は考えないほうがいい。ここは値幅稼ぎ対象と割り切りたい。
(6135)牧野フライス・・・・機械株は先週の下げ相場で勢いが良すぎるくらい下げたひとつだ。この水準は一発期待感が高まる。
全般、低位大型株が買われるような展開は想定していない。中小型のなかでも中型クラスで商いをこなせるものを手がけたい。
人気ブログランキングへ
↑窓を開けたまま寝てしまいノドが痛い。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報