兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

押し目を作らない強さが出てきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
ギリシャの連立与党3党が緊縮策の受け入れで合意に達した。これで追加融資に向けての懸念が払拭されるだろう。これまで欧州の小国の財政規律をめぐって自国の財政規律はお構いなし一喜一憂してきた東京市場も少しは冷静さを取り戻す材料だ。

主力企業の第三四半期の決算がほぼ出揃ってきた。少々悪い数字がでても材料出尽くしと解釈される銘柄も散見され昨年末の地合からかなり市場心理は改善してきている。日経平均9000円乗せを達成してきたが、為替が円安への修正に期待感がでてくれば10000円回復も現実味を帯びてくる。取り組み妙味の増す個別銘柄の監視を怠れない。

ドル/円で78.50円、ユ−ロ/円で103.50円が心理的なフシであり、ここをクリアしてくると風景もかわってくるだろう。

(3659)ネクソン・・・・・本決算は順調と日経の先行記事がでているがこの水準は評価不足。
(3632)グリ−・・・・好取り組みの代表格。
(6103)オ−クマ・・・・・この相場、相当強い。日足のフシをブチ抜く可能性が出てきた。

↑ 海外高をうまく吸収した強い展開に期待したい。

視線はすでに来期に向けられている

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタの第三四半期決算発表をうけてその材料消化について現状の実態悪を嫌気するのか、通期での回復傾向を評価するのかが注目された。決算明け後の昨日は5%高と大幅高となり市場関係者は現在悪と通期の見通しより、春以降の来期に期待感をもってきているようだ。それだけ市場の体温が回復してきているのだろう。2012年3月期は多くの企業が震災と超円高の影響を受け厳しい業績動向となったが、世界的な金融緩和政策と主要通貨安、株高を起点にした景気回復を享受しうる力のある国際優良企業はV字回復をとげることも期待される。

日経平均の9000円乗せから10000円乗せを睨んだ強気筋が増えてきている。ここからはやや古めかしい呼び名となるが重厚長大産業株にも世界的金融緩和による外人買いが入ってくるだろう。その目安としては(5401)新日鉄や(7011)三菱重工が連日10円高以上で買われる日が出てくることだ。これまでの傾向では本気の外人買いが始まると、まず大手不動産を強力に一本釣りすることが多いので不動産セクタ−の監視が必要だ。

全体相場が暖まりジリ高傾向が継続する展開になると、空売りもじりじりと積み上がってくる。(3632)グリ−は取り組み株のシンボル的存在になるだろう。業績拡大がつづくSNS関連株は底堅い動きが継続するだろう。

(3632)グリ−・・・・・・高値圏でスピ−ド調整となったきたが、取り組みが下支えする。
(2432)デナ・・・・・・グリ−とボ−ドに並列させよう。
(3659)ネクソン・・・・オンラインゲ−ムの最出遅れ。大手証券がいずれも高評価。


人気ブログランキングへ
↑一押しお願いします。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報