兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

手を出しにくい株に証券会社が

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
業績不安や、企業不祥事などにより株価が大きく売り込まれ反発の気配さえ見せない銘柄にはなかなか手が出せないものだ。市場で今最も手を出しにくい株の代表選手が(7733)オリンパスと(6665)エルピ−ダメモリ−ではないだろうか。両社ともチャ−トは大崩し、オリンパスには上場維持・廃止問題がちらつき、エルピ−ダは過去の高値の覚えのある押し目拾いの買い手が梯子をことごとく外され半年前から75%超の大暴落を演じている最中だ。

そんな中でこの両社に証券会社の大量報告が出てきたことに市場の関心が集まっている。オリンパスにはゴ−ルドマン・サックスグル−プが6.67%(1870万株)の保有を明らかにし、エルピ−ダには野村が8.78%(約2700万株)の保有を報告したことが明らかになっている。

両銘柄とも、ある意味企業の存続の危機といえる場面の真っ只中に身を置いているわけで、ゴ−ルドマンと野村のお手並み拝見である。両社の判断が市場に思惑を呼ぶことは確かで、これまでの両銘柄のトレンドを反転させる何らかのジャッチがはたらいたことは確かだ。この2銘柄から目が離せない。(dfb)

(6665)エルピ−ダ・・・・・・DRAM市況反転と円安傾向が確認できる日なら一汗かけそうだ。
(7733)オリンパス・・・・・・上場維持にかける勢力が巻き返す展開が続く。
(4406)新日本理化・・・・・・この鬼の強さ。どこまで継続するか。
人気ブログランキングへ
↑海外に振り回されるマ−ケットにはほとほと嫌気が差す。

年初来安値に沈む東京市場

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
このところ人気を集めている一部の仕手材料株をのぞいてはまったく買い気がみられない東京市場だ。欧州債務危機もなかなか織り込み済みとはいかず、不安定な欧米市場の下げには付き合い、上げには慎重に模様眺めといったスタンスしかとれないことにより世界的金融危機の主要市場で最も早く下値水準を切り下げる展開となっている。

こうした環境では「相場は相場に聞け」というように売られる(買われない)相場には売りで立ち向かうのが得策だろう。とくに中堅中小型株には10/5以降の戻り局面で30%以上安値から反発したものも多くある。そうした銘柄には空売りで向かうのがいいだろう。ここで取り上げてきた銘柄は比較的値持ちがよく推移してきたので全体相場の下落局面ではキビキビ空売りで取っていこう。

また仕手系材料株が物色される展開は継続するだろう。ここ数年の常識ではとっくに終わっていい上昇幅でも、往年の仕手相場ならまだまだ初動ともいえ強弱間の対立するシビレる展開に突っ込んでいくのも一興だ。(dfb)

(4272)日本化薬・・・・・・750円どころで強い。配当落ち後一旦調整、その後の巻き返し期待。
(4406)新日本理化・・・・・もはや玄妙の域。ザラバ見ているだけでシビレる銘柄。
(6506)安川電機・・・・・・売り参戦。
人気ブログランキングへ
↑一押しありがとうございます。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報