兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

日銀の社債買いオペに東電債か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
6日のロイタ−によると、「日銀が6日に発表した社債等買い入れオペの結果が、応札額は3107億円となり、2010年12月と2011年2月に実施した過去2回を上回り過去最高となった。落札額は1379億円。買入日は4月12日。最低落札利回りは0.400%、平均落札利回りは1.377%、案分比率が37.2%。UBS証券クレジット調査部長の後藤文人氏は「最低落札利回りと平均落札利回りの格差(テール)が拡大したことを踏まえると、買入の一部に東京電力債が対象になった可能性が大きい。」と報じている。

日銀が、今の時点で東電債を応札の対象にしているかについては、推測の域をでないが、日銀の意思の有無にかかわらず、クレジット市場に与えるメッセ−ジ性は有意に機能するはずである。

ツボにはまれば、今ほど魅力的な株は無い。今日のボラを見せつけられると目をつぶって買いで行きたい。(dfb)


(9501)東京電力・・・・・・せめて奥義で葬ろう
(4205)日本ゼオン・・・・空売りを巻き込んで
(6506)安川電機・・・・・・890円での攻防

(5214)電気硝子・・・・・・何回売ってもやられるが、落下速度は魅力


壮大な復興計画の青写真を描く時 

このエントリーをはてなブックマークに追加
市場全般に何を物色すればいいのか、気迷い気分の強い展開になってきた。為替が84円台半ばをつけてきても、輸出関連や内需型大型株で目立って値をとばすものは見当たらない。やはり原発問題に、収束の目処がなかなか見えてこないことにつきる。

今回の震災規模からすれば、歴史的復興計画が描かれるべき時だろう。国会議員は市議会議員レベルでは困る。よく、「今は震災対応を最優先にする」などとコメントが聞かれるがそれではダメだ。ひとつの問題しか対応できない能力では国家を指導する資格は無い。放射能が漏れようが、停電で帰宅難民が町に溢れようが、同時進行で復興計画を練らなくてはならない。時間が無いなら徹夜する。徹夜しても時間が足りないなら閣僚・役人・スタッフを使う。今回、「政治主導」という美名がいかに空虚なものかを悟ったのは国民のみではあるまい。

これからは、震災が起きなければ絶対にできないことを、やらなければならないのだ。日本人の精神的復興もそのひとつであろう。そしてなにより経済的復興を日本経済再生の端緒しなければならない。

今からでも原発処理を右手で、「東日本改造計画」を左手で同時進行でやるときだろう。 (dfb)


(8001)伊藤忠商事・・・・・・レンジが小さいときは注意
(5233)太平洋セメント・・・連日の大商い
(7013)IHI・・・・・・・・・・・・・・原発が一服すれば注目
(9501)東京電力・・・・・・・・処理作業好転報道のきっかけ待ち





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報