兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

今週の銘柄チェックリスト(1/10〜1/13)

このエントリーをはてなブックマークに追加
今週、監視する主な銘柄は以下のとおり。ようやく大きな2回の連休を終え、実質今日から今年の相場が始まるといっていい。やはり欧州危機には今年もまだまだ振り回される相場展開となるのだろう。東京市場はどうしても為替に真が向かざるをえない。海外通貨の安値更新が続くようなら反発の機会はなかなかこないだろう。

こうなると物色の方向性もピンボケとなる。売り飽き気分がでてこない。しばらくは儲けづらい環境だろう。
今週は材料がでた(7733)オリンパスに注目だ。どこまで戻してくるのか。主力どころはほとんど動かないだろう。(dfb)

(7733)オリンパス・・・・・勇気ある買い方さん、おめでとうございました。今週は存分相場を楽しんでください。
(6506)安川電機・・・・・いい押し目が入ってきた。注目。

株式デイトレード ブログランキングへ
↑ごくろうさんクリックお願いします。

ユ−ロ安に歯止めがかからない

このエントリーをはてなブックマークに追加
新年相場も歯止めのかからないユーロ安相場に吹き飛んだようだ。米国株式市場が戻り高値を取ってくるなど、比較的堅調地合いの中、常に世界のどこかに弱気な理由を探す東京市場の特性が遺憾なく発揮されている。

それにしても円相場はいったいどこまでいくのだろう。為替も金融商品のひとつであるから、こんな一方通行の相場はいずれ天井を打つだろう、と思うのが普通の感覚だがこの素っ高値圏での円買いの恐怖感がまったく語られないのがこの先の相場観を示している。

すでに国内投資家はこの円高水準では外債投資にもまったく関心が無い。これまで円高局面では円安反転を期待したドル買いなどが一定の円の下支え役となってきたがもはや弾切れだ。ましてこの円高で外貨建て商品のほとんどが評価損状態のはずで高金利に騙された学習効果は今後10年は脳裏に刻まれるはずである。

これから復興投資総額25兆円が日本経済を支える。それこそ100年に一度あるかないかの想定外の大特需である。将来を悲観的に考えることに慣れきった日本人はもう少し楽観的な思考が必要なようだ。

(5986)モリテック・・・・・・堅調な足どり。引けでしぼむ姿を刷り込まないといけない。
(7733)オリンパス・・・・・為替とは完全に乖離して、独自の運動法則をもっているので意外な人気株に。
(6665)エルピ−ダ・・・・・「産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法」(改正産業再生法)の適用認定を取得した同法に基づく第1号案件となったエルピ−ダ。これ以上ない国策銘柄。巷間一般紙が不安を書き立てるが第一号が失敗作にはならないだろう。台湾との交渉クリアが重要。
(〇〇5〇)△△△△・・・・・・・12/24に書いた12/22日引け値末尾が7。前日比末尾7円高。ここより200円高。とした株いよいよ上値追いへ。

人気ブログランキングへ
↑この冬一番の冷え込みらしいです。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報