兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

東京電力を応援したらダメなのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日も欧米株高、円安と外部環境は絶好なものの、まったく相場のうねりを感じない展開となった。原発問題がすべてであるといっても過言ではないだろう。放射能漏れも具体的進展はなく、今の地合なら、個別に好材料がでても消化不良でかえって失望売りを誘い売られかねない相場つきだ。

東京電力株の300円台について、どうみても素直に売られ過ぎてると感じる。時価総額が4/6引け現在で約5460億円となると、ソフトバンクあたりが一気に買えないか。補償問題を考えると気味が悪く手が出ないのかもしれないが。

東電の場合は経営危機というよりは、東電自体が被災者でもあるわけで、まず、原発をこれ以上の事態の悪化を食い止めること。それだけで、一気に駆け上がる素地は十分にある。サヤ抜きは仕事として冷静に行うが、東電関係者には心底がんばっていただきたい。

今回の事故は、人類にさまざまな教訓を与えてくれている。人類が直面する最も厳しい危機かもしれない。この危機を乗り越えてこそ真の経済復興がある。

東京電力を応援しよう。(dfb)

(9501)東京電力・・・・・・・下値抵抗力がでてきたか。高値の玉は
            抱えたまま瞬間芸を磨くよい教材
            オ−バ−ナイトは刺激的すぎる
人気ブログランキングへ

日銀の社債買いオペに東電債か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
6日のロイタ−によると、「日銀が6日に発表した社債等買い入れオペの結果が、応札額は3107億円となり、2010年12月と2011年2月に実施した過去2回を上回り過去最高となった。落札額は1379億円。買入日は4月12日。最低落札利回りは0.400%、平均落札利回りは1.377%、案分比率が37.2%。UBS証券クレジット調査部長の後藤文人氏は「最低落札利回りと平均落札利回りの格差(テール)が拡大したことを踏まえると、買入の一部に東京電力債が対象になった可能性が大きい。」と報じている。

日銀が、今の時点で東電債を応札の対象にしているかについては、推測の域をでないが、日銀の意思の有無にかかわらず、クレジット市場に与えるメッセ−ジ性は有意に機能するはずである。

ツボにはまれば、今ほど魅力的な株は無い。今日のボラを見せつけられると目をつぶって買いで行きたい。(dfb)


(9501)東京電力・・・・・・せめて奥義で葬ろう
(4205)日本ゼオン・・・・空売りを巻き込んで
(6506)安川電機・・・・・・890円での攻防

(5214)電気硝子・・・・・・何回売ってもやられるが、落下速度は魅力


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報