兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

相場の不条理

このエントリーをはてなブックマークに追加
 1日1回のクリックにご協力ください。日々更新の励みになります・・・

主力株が高値追いの続伸基調を続ける中、SNS関連株、とりわけオンラインゲ−ム関連株がそれまでと一転して売りを浴びている。海外市場が堅調にもかかわらず日経平均が8000円台でもたつく中、唯一気を吐いていたセクタ−だった。それが金融緩和効果の期待感から円相場の反転を確認すると、一気に主力どころに物色の焦点が移る。相場の悪役とまではいわないが、まるで何かの制裁にあっているがごとくの動きだ。

これらのセクタ−も何十年かすれば立派な主力株となっていて、相場のアヤの陰日なたなく主力どころとして扱ってもらえることになっているだろう。

こうした相場のリズムをうまく利用するのがプロであって、いつまでも理に合わない相場は続かない。SNS関連株の行き過ぎた調整は次の種まきに魅力的なものに写る。

↑ よろしくおねがいします。

今週の銘柄チェックリスト(2/20〜2/24)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
今週、監視する主な銘柄は以下のとおり。相場全般の力強さが日に日に増してきている。先週の日銀のインフレタ−ゲット設定の決断から不安心理が完全に払拭されたといっていい。これまで長期間にわたり相場の先高感を打ち消してきたギリシャ危機にまつわる悪材料もすでに1年近く同じ材料を蒸し返していることから、ヤレヤレ感が強まっている。今の市場は弱気ム−ドが完全に消え失せている。

外部環境もこの上なく良好だ。NYダウは13000ドル回復へ向け買いに勢いがつき、震源地の欧州も底打ち反転、ユーロ/円・ドル/円も堅調だ。このさき円相場が円安傾向を強めれば日本の製造業の復権にもつながり、復興特需の動きと消費増税から財政健全化への道筋がうまくシンクロナイズされれば、本格的景気浮揚の芽が出てくるかもしれない。失われた20年を取り戻すのは容易ではないが、国内景気を見る限り悲観論より希望を語れる雰囲気になってきている。

新春に行われる毎年恒例の証券関係者による相場見通しのほとんどが日経平均高値10000円程度としていたが早くも修正したほうがいいかもしれない情勢だ。

週明けは、中国も金融緩和に踏み切ってきたことから、それを好感する動きになるだろう。月曜は香港・上海が開く後場からエンジンがかかる期待がでてきた。世界的な株高に東京市場が追いついていけるか注目である。


(6103)オークマ・・・・・派手さは無いが上昇圧力に目を見張るものがある。
(6506)安川電機・・・・・過去も上昇トレンドにはいると500円幅で上昇する習性あり。買いづらいから良く上がる。
(6754)アンリツ・・・・・好実態株。
(4406)新日本理化・・・今月末のブログ更新は近い。
(3659)ネクソン・・・下押す理由は何も無い。主力どころで稼げる間は眠っていて欲しい有望株。

↑ 今年はとにかく寒い。雪の地域の方に春の訪れが早まりますように。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報