兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

戦う政治家たれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
尖閣諸島、竹島、北方領土と日本を取り巻く周囲が随分と賑やかである。この問題をめぐっての昨日の国会質疑に応じる野田首相の振る舞いを見て、一皮むけた感がありありと感じる。悲願の消費増税法案を成立させ、幾多の修羅場が彼を大きくしたのだろう。

これまで国会議員に対して国民は何を求めてきたのか。清廉潔白、品行方正、さわやかで金に汚くない、国民負担を許さない、悪事に関らない、テレビの前でよくしゃべる等云々・・・・。結局人のいい、話がわかる、語気を荒げない、お詫びと会釈をわきまえない、言う事を何でも聞いてくれる、けっこう使えるやさしいおじさんばかり国会に送り込んできたのではないか。

取っ組み合いのケンカができない政治家。もめ事があると相手に対し下手に出ることでしか距離をつめることができない政治家。「よく話し合って」が最初に口からでる政治家・・・・・・。

そんな行動様式に相まって、あえて己の弱さを見せることで相手の心変わりを期待するような姿勢がありありと感じる言動しかできないから外国からいい加減舐められる。

かつて周恩来と田中角栄が日中平和友好条約の締結交渉を終えたあとで交わした本当に力のこもった握手の様子をテレビで見た。その当時の日本の政治家の記憶が今も頭から離れない。いかにこの交渉が両首脳にとって大仕事であったかを感じ取ったものだった。そこには一国を背負う者同士、媚びへつらいのない大勝負を終えた者の姿があった。

全国会議員は戦う政治家である必要がある。

アップル関連株

このエントリーをはてなブックマークに追加
 叱咤激励クリックをお願いします。現在のランキングはこちら・・・
一昨日、米アップルが史上最高の時価総額となったことは経済ニュ−スのみならず一般ニュ−スでもとりあげられ株式関係者にかぎらず話題となっている。昨日の東京市場でも、呼応するようにアップル関連株と目される銘柄が商いを膨らませてきていた。

株式相場では、ある事象・現象に対してその取引関係にある会社や資本関係がある会社、開発研究員の在籍企業などを調べ上げて物色する「銘柄探し」がよく行われる。この循環が市場にできるとき「市場のテ−マ」というコンセンサスが生まれる。

かつてエイズが社会問題化し、その治療薬が何もないときエイズ治療薬の開発に取り組む医薬品銘柄や避妊具メ−カ−を集中物色した時代があった。「某有名俳優Tがエイズで死亡した。」とまことしやかに市場を駆け巡った記憶は忘れられない。夢の新技術として超伝導関連株が騒ぎ立てられ、電線株が跳ね上がり、銅の精錬メ−カ−まで大相場となったこともあった。今のように2割上がれば大儲けといった時代ではない。それで関連株が一斉に2倍・3倍になる時代だった。

9月にも上市されると囁かれるアップル新機種祭りに向けて、その関連株に照準を合わせたい。

(6976)太陽誘電・・・・・4-6期に想定以上の黒字転換。外資が買いレ−ティング950円を設定してきた。
(6101)ツガミ・・・・・上昇相場が弾みがついてきた。売られすぎの修正はこれから。
(3632)グリ−・・・・・この株にしてはめずらしいモミモミだ。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報