兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

休むも相場

このエントリーをはてなブックマークに追加
ここにきてNY市場の調整が際立ってきている。これまで不調だった東京市場にとって、NYの上昇基調の安定感はうらめしいかぎりであった。上げには付き合えず、下げにはきっちり反応するのが東京市場の真骨頂だが10000円近辺を維持できるか正念場となってきている。一時のように原発ニュ−スや計画停電騒ぎは影をひそめた感はあるが、米国債務問題と格下げリスク、景気の腰折れ懸念によるドル安の影響など悪材料には事欠かない外部環境となっている。

今日はまったくトレ−ドしなかった。気分が乗らないときがたまにあるが、ここ数日の相場展開は刺激を求めたくなる脳内物質が出てこない。休むも相場とはよく言ったものである。(dfb)

(6665)エルピ−ダ・・・・・監視中。
(6755)富士通ゼネラル・・・・・注目筋がやたら多い。流動性が難点。
(6773)パイオニア・・・・・・東電と値ごろが一緒。東電のような爆発力はないが、商いを集めてきている。オ−ルドファンならつい手を出したくなる存在感がある。

人気ブログランキングへ
↑ピコピコしてください。

米債務上限問題決着に見る民主主義の練度の差

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の東京市場は、米債務上限問題の決着が伝わると、円相場の戻しとともに幅広い銘柄に押し目買いが入り反発した。ここのところでしっかり値幅と取って戻るものと、小反発程度のものがはっきり明暗が見え面白い。いい感じで戻したものは、(4205)日本ゼオン+20(4272)日本化薬+23(9501)東京電力+22(6503)三菱電機+27(6506)安川電機+24といったところだ。

この反発が一時的なものなのか、明日になればわかるのだが、今晩為替が調整のあと再び騰勢を強めるようなら、日経平均での戻り高値更新は遠のいたことを印象づける展開も考えられる。

米国の債務上限問題はやはり落としどころで決着した感が強い。日本の政治家ならば下手な条件闘争の挙句「5年後に見直す」など条件・縛りをつけたり、租税特別措置法で逃げ切る姿が目に浮かぶ。骨抜き・先延ばしすることなく合意形成することは民主主義の練度の差といえよう。

国民に新たな負担を求めない政府と、復興増税に賛成が7割を数える国民をもつ国家。この2つの集団が同居する不自然さの維持装置はいかなるものなのか。わが国の真の構造問題の本質がここに見え隠れする。

構造改革とは政治システム改革、経済システム改革、行政システム改革といったミクロの改革では不完全なのである。構造とは何を指すのか。その定義がないまま構造改革などありえないのである。ポピュリズムに浸かりきる政治家と、リ−ダ−を求めない無関心集団が大勢を占める国民により支えられている構造こそ変革が求められているのである。(dfb)
人気ブログランキングへ
↑最近がんばりが足りないと感じています。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報