兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

今週の銘柄チェックリスト(6/6〜6/10)

このエントリーをはてなブックマークに追加
今週、小生が投資対象として監視する主な銘柄をリストアップしてみた。先週と同様、基本は9:1でデイトレ、スイングを活用。
NYが週末にかけ続落、進展の無い原発処理問題、政権与党の混乱からくる政局不安と三重苦の中、週明けはあいかわらず安いスタ−トだろう。金曜日に下げて終わる相場は、週明けも継続して売られる安心感があるからこそと言え、相場の地合は震災以降最悪の状況といえそうだ。原発報道に一喜一憂する展開はまだまだ続くであろうが、好材料には反応せず、悪材料にのみ過敏に反応するので、まだまだ下値模索がつづくだろう。為替も80円台といやらしい水準なのがさらに見送り気分を後押しする。


【デイトレ】
(9501)東京電力・・・・・連日の安値更新相場となっている。下げる日はだらだら一方通行でさげるので、売りは取り組みやすい。3歩下がって1歩戻すの展開。売り圧力は相当なもの。ここは売りに重心。
(8001)伊藤忠商事・・・・調整一巡感。800円割れがあればショ−トカバ−期待。
(6326)クボタ・・・・手あかのついていない震災関連。ニュ−スが出だしている。

【スイング】
(1518)三井松島・・・・・石炭なら三井松島。往年の仕手材料株。三晃金属・高島的存在に。
(6770)アルプス電気・・強い。800円以下は天与の買い場だろう。為替で売られるときがいい。
(5486)日立金属・・・・1000円割れで仕込みたい。

休むも相場の週。せめて政治が機能していれば。震災の二次災害は永田町が震源だ。だれも何も決められない国に資金は入ってこない。円が強いのが不思議。今週もがんばろう。
(dfb)


人気ブログランキングへ↑ ぴこっとお願いします。

静かなる暴落がすすむ東京市場

このエントリーをはてなブックマークに追加
震災以降、週明けの月曜日に朝一から買いで入ろうという気分になれない土曜・日曜日が続いている。週末のNYの引け具合に影響を受けるというよりは、完全に国内要因で下げる状況になっている。投資マインドが冷やされてきた要因は、センセ−ショナルな原発報道と放射能汚染レベルの報道にあった。しかし今週はまさに混迷する政局一色の状況で、これを受けて値動きが上向きに変化する予感すら感じさせない、質の悪い相場になってきている。

政権与党がひとつにまとまらない状況では新たに必要とされる政策対応は期待できない。ただ時間だけが浪費されていく状況に陥っている。株価は何も無ければ自然落下するものだ。現在の市場は静かなる暴落が進行していると言っていい。

この政治状況をもたらした責任は菅と全民主党議員にある。決して震災とは関係ない。今朝のTVでも公然と民主党議員が菅は辞めろと発言している。ふつうTVで社員が「うちの社長はやめるべきだ」とは言わないだろうに。

もはや政権与党は政党の体をなしていない。このような無様な政治をもたらしたのは第一に国民の選択である。ねじれの状況を選択したのも国民である。すべて最終責任は国民に帰結するのである。

当たり前だが戦争で富・領土拡大・資源獲得をはかる時代ではないし、日本にはそんな能力もない。自給自足が成り立たない島国でありながら、何不自由なく生活できるレベルを享受できるのは、たぐいまれな経済活動があってこそである。経済を立て直すことが国を立て直すことである。時間が解決してくれる問題はないのである。震災の二次被害が何もできない政府からもたらされるのであれば、被災者の悲劇はこれから訪れることになる。(dfb)

人気ブログランキングへ
↑ぴこっとお願いします。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報