兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

今年の日経平均高値予想は

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ↓↓ランキングUPにつながる応援クリックをお願いします!!。毎日更新の励みです・・・


昨日の東京市場は、NYダウの大幅反発を好感して日経平均は急反発して20000円回復となった。所詮、NYダウが上がれば上げ、下がれば下がるだけの日本株を象徴するような動きで、足元の景況感や企業業績といったの実体経済の体温を反映できない指標であることを嘆きたくなる動きである。

企業トップが集う賀詞交換会の模様がニュ−スとなっていた。その中で今年の株式市場の高値をインタビュ−するコ−ナ−があり、「さて、どのくらいを考えているのか」と聞き入ってしまった。

強気の見立てで高値が25000円、平均22000円、安値が16000円程度であった。大発会が19500円だから横ばい、つまり景気のいい(威勢のいい)話は憚られる(はばかられる)雰囲気を表しているのだ、と思った。

私もほぼ、「そんなものだろう」と思っている。ただ、下値に行きたがっている「圧」が今年は強いように思う。悪材料に過剰に反応し、好材料に反応しないことが更に悪材料となって押し寄せる場面が年間を通して継続するだろう。今年は数少ない晴れ間でどれだけ洗濯ができるか、そんな年になると思っている。
(4004)昭和電工・・・・売り買い交錯でも空売りを抱えている株の反騰を期待したい。
(5301)東海カ−ボン・・・・板が薄くなってきており、買戻しで意外高に転じる場面も。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。a>

投資家心理の修復には材料株相場が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ↓↓ランキングUPにつながる応援クリックをお願いします!!。毎日更新の励みです・・・


今日の東京市場は昨年の大納会引け値である20014.77円の回復だけでは物足りない。ブラック・クリスマスと化した12/25に日経平均が−1010.45円安に沈んだ前日引け値20166.19円、上げ幅にして604.23円高が確保できるかを観察したい。

主力銘柄が海外株式市場や円相場に影響を受けるのは当然として、株式市場には「そんなことにはお構いなし」といった銘柄が何処からともなく現れるものだった。市況が悪くなると「K氏銘柄」がにわかに活気づく慣わしも今では昔話だ。

全体相場の低迷で投資家心理が最悪の時こそ、ビンビンと強い動きをする仕手株はもう出てこないのか。バブル崩壊で日経平均が7000円割れまで売り叩かれた惨状の中、個人投資家の買い余力を刺激したのは、たった1銘柄の奮闘、K氏銘柄の新日本理化の暴騰だった。

全体相場が安いことが最高のスパイスであり買い材料となる。日経平均が大幅上昇すると御役御免で安くなる。昔を懐かしむのではない。個性派銘柄が姿を消したことで相場も、個人投資家も打たれ弱くなってしまった。
(6069)トレンダ−ズ・・・・・株価は4桁回復を狙う素地あり。
(6182)ロゼッタ・・・・・12月上昇の大半を吐き出した。リバウンド狙いに最適。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報