↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。


今日の東京市場はNYダウの連日の最高値更新をうけてどのように動くのか個人投資家が固唾を呑んで目を凝らす1日だろう。海外株高を好材料として反応できないほど体温が下がっているのか興味深い。

東京都心では7月に入ってからの日照時間が2.9時間と記録的な日照不足らしい。暑がりの私にとっては大助かりなのだが、今日も、明日も雨続きでは商売に悪影響が出る業界には死活問題である。

「水商売」とは夜の歓楽街で男性を相手にする仕事を差すばかりではない。本来は客の入り次第で収入が大きく影響を受ける仕事を言う言葉だから、「商売は水物」であり天候不順で客足が落ち込む業界は皆、水商売なのである。

どうも最近の株式市場の不調にどっぷり浸かりきってしまっているからだろうか、景気に対する高揚感のようなものが無い。とてもオリンピック前とは言い難い停滞感を感じるのだ。周囲は明るいけれど、青空が見えない、洗濯物が乾かない、今日の空そのものである。
(6754)アンリツ・・・5G投資はこれからで業績下方修正を織り込んだ戻りを試す途上。
(6457)グロ−リ−・・・新紙幣特需が想定される銘柄。チャ−トも底ねりを形成。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。