兜町 放浪記

株式市況の解説と分析を中心に株式投資+αを目指す【株式投資 ブログ】です。注目銘柄・話題株・人気株を毎日更新。【個人投資家 ブログ】。投資を通じて経済と人生を学ぶ、個人投資家に支持されるブログであることを目指します。Googleで「兜町」と検索。株式投資で成功するヒントが落ちている【株式情報サイト】を目指します。【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家「兜町放浪記」。Yahoo!で「兜町放浪記」と検索。

どこまで売りが続くのか、東海カ−ボンが熱い

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ↓↓下のランキングバナ−を押してからお進みください!!。


昨日の東京市場は閑散見送り症状の1日となった。今朝のNYダウ終値が205.99ドル安と弱含むことで東京市場は当然のごとく売られる1日だろう。

こんな地合いを象徴するように個別材料株で売り込まれている銘柄が増えてきている。昨日で5日連続安に沈む東海カ−ボンは黒鉛電極市況の高騰を材料に個人投資家中心に商いを集めてきた人気株だが、昨日の決算発表では今期4度目の上方修正を行った。

超好業績であっても、何度も上方修正を繰り返しても、買い方の投資家が一斉に避難口に駆け込めば、一時の狼狽売りの集大成が出来上がる。あっという間に理屈が通用しない投げ相場と化す。

「この下げが今日も続くのか。」と株価を見ないで過ごしながら、とうとう「もう投げよう。」と踏ん切りがついた途端に株価は反転を開始するから不思議なものだ。「コツン。」と聞こえてこなくても底が入らない株はない。

今日の市場の看板役者はRIZAPと東海カ−ボンだろう。良くも悪くも株式投資のエッセンスがつまった、上場企業の悲哀を実感できる2社の株価推移を堪能したい。
(5301)東海カ−ボン・・・売られてもこの株を拾う投資家は多いだろう。底を見極めるのも楽しいものだ。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。

注目の決算発表:東海カ−ボン

このエントリーをはてなブックマークに追加
 1日1回のクリックにご協力ください。日々更新の糧になります・・・


株式投資をしていると実に不思議なことだらけである。業績が安定していて配当もしっかり出している会社がいつまでたっても割安に放置され、一方では決算書の中に、「継続企業の前提に重要な疑義あり」と注記されるような会社が急伸どころか5倍・10倍と大相場を演じることもある。

本日決算発表を予定している目玉企業は【5301】東海カ−ボンではないか。約2年半にわたり継続している黒鉛電極市況高騰の波に乗り、業績は一変している。2期前から営業利益は70倍(11億→740億)にまで拡大し、度重なる上方修正を交えて株価も10倍化した。

現在の業績水準を株価がしっかり反映しているのかといえば、予想PERは4.9倍といまひとつ割安に放置されている。

前回の決算発表では今期3度目の上方修正を行いながら株価は翌日から急落した。その後は好業績を評価されず、目先の値動きに乗じた売り崩しに弱含む日が続いている。

同じ黒鉛電極銘柄である昭和電工、日本カ−ボン、SECカ−ボンとも業績拡大は続くが、足元の業績に株価が刺激を受けることはないようだ。本日と明日以降の東海カ−ボンの値動き次第で、東京市場が業績相場を語れるマ−ケットなのかを判断したいところだ。
(4422)VALUENEX・・・・一両日の株価の底固さが目立つ。全般が落ち着けば上値を取りそうな銘柄。
(3998)すららネット・・・・出直り中。昨日の大きく切返しプラス引けは優秀な動き。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 今日の記事内容が「参考になった!!」「よかった!!」と評価していただける方はクリックをお願いします。明日の執筆の参考にいたします。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報